本文の始まりです

休業要請するなら迅速な対策も!

2020年04月14日

昨日、福岡県知事から、特措法第24条9項に基づき休業の協力要請が出されました。
 休業の協力要請を行う施設は、写真に掲載された施設です。また休業協力要請はしないものの、安全確保を最大限行っていただく施設の一覧もあります。
 しかし、休業協力要請なので自主的に、という建て付けであるものの、事実上の休業命令と同義です。この状況下で休業協力要請対象施設が簡単に開業できるはずはないからです。
 やはり休業要請という我慢を強いることを、法律に基づき知事は実施したのですから、我慢に報いる取り組みを迅速にしないといけないはずです。
 しかしこれは今後の国の交付金をあてにするという流れになりました。お金はあとから来るのであれば、ある一定程度、例えばなにかしらの支援は行っていく、ぐらいのメッセージを出せなかったのか、とも思いました。
 事実福岡市は先んじて財政支援を固めました。政令市と県との間の施策の差は、このコロナウイルス感染症対策であってはならないと思います。
 県民に寄り添う、という知事の公約は、まさに今、施策という形で実行すべき時です。





カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ