本文の始まりです

県知事 新型コロナ独自基準へ

2020年05月11日

本日、小川洋県知事は記者会見を開き、新型コロナウイルス対策のため、休業・自粛要請をした施設基準を、県独自で解除する可能性を検討するとともに、「特定計画都道府県」の指定解除後の方針について、示すことを表明しました。
 また、県立学校についても、分散登校などについて、前倒し実施することや、31日を待たずに休校そのものの解除も視野に入れるとのことです。
 本県独自の基準や出口戦略については、以前も県としての判断を行うべきだと訴えましたが、今回、県独自の判断を示すことになったことから、その点は評価したいと思います。また、すでに経済面では再起不能なまでに厳しい状況になっている業界も多く、経済活動を早期に正常化していくための道筋をしっかり示すことが重要であり、ぜひ、早期の判断基準と方針を県民に指し示して頂きたいと思います。
 今日の新規感染者数も確かにゼロ人と、低い状況が続いていますが、感染症のため、一瞬の気の緩みで再び拡大しないとも限りません。引き続き、最大限の警戒で臨んでいきましょう。 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ