本文の始まりです

部活動実態調査実施 調査委員会設置へ

2018年06月15日

 今日は、私の一般質問でした。
 そのうち、部活動のあり方については、スポーツ庁が3月に発表した「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」をもとに質問しました。
 これには、「週2日以上の休養日設定」など、詳細にわたって部活動の取組の改革が列挙されており、中学・高校、そして私立学校にも適用されるとされています。
 これらについて、まず教育長の認識を質したところ教育長からは「運動部活動を持続可能なものとするため、国のガイドラインに沿って、適切に対応すべきであると認識している」と述べています。
 また、今後の対応では
1.県立学校及び市町村教委に対し、校長会等で周知(実施済)。
2.休養日等、部活動の運営状況に関する調査を実施し、実態把握に努めるとともに、各種研修会等を通じて継続的に指導し、課題のある学校に対しては個別に指導する。
3.今年度、学識者・公立私立学校の代表校長・学校体育団体の代表者で構成する「運動部活動調査研究委員会」を設置する。その後、県としての運動部活動の方針を策定する。
4.学校でのガイドラインを策定するまでは国のガイドラインを準用する
 と述べました。

 今後、福岡県の部活動のあり方は大きく変わっていくことになります。今後も、子どもと教職員に寄り添った部活動になるべく、しっかり声をあげていきます。

 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ