本文の始まりです

思い起こす

2018年06月01日

 写真を整理していたら、市議会議員の辞職の時の写真が出て来ました。もう4年近く前、県議選立候補のため、市議会議員を辞職致しました。
 12月議会で、辞職の挨拶を議場でさせて頂きました。その時の議事録は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーー

開催日:平成26年12月16日
会議名:平成26年第6回定例会(第4日12月16日)

○議長(香月 隆一 君)
 ありがとうございました。
 次に、来年1月末日をもって御勇退されます議員を御紹介します。佐々木允議員。佐々木議員は演壇の前にお進みください。  (佐々木議員演壇前へ)
 それでは、佐々木允議員から御挨拶をお受けしたいと思います。

○議員(佐々木 允 君)
 議長及び議会運営委員長のお計らいをいただきまして、1月末をもって辞任をする辞任の一言御挨拶をさせていただきたいと思います。
 市議会議員に25歳で当選をさせていただいて、今月で7年8カ月、2期8年務めさせていただきました。31回の議会、そして31回の一般質問の中で、市政発展のためにさまざまな発言をさせていただいたところでございます。議会の議員の先輩の皆様におきましては、その間、さまざまな形で一緒に議論を交わし、市政発展の礎をつくってきたことをさまざまな形で思い起こすところでございます。また、執行部の皆様におきましては、厳しい質問を続けさせていただいて、正直いっていろいろな御迷惑をかけたと思っています。市政発展のために言ったことでもございますし、また若げの至りということで、どうか水に流していただければ幸いでございます。
 今回の辞任というのは、御存じのとおり、来年の4月、今度は市議会から県議会への挑戦をするということによるものです。日々の議会活動、そして議員の活動が十分にできない状況が出てきましたので、この12月議会を一つの区切りに、1月末をもって辞任をさせていただくこととなりました。任期途中で辞任をすることをどうかお許しをいただければと思っています。
 一つだけ思いを、一つ大きな思いを思い起こすとすると、やはり35人以下学級の増額修正についてです。総務文教委員会の皆さんと一緒に議論をして、そして議会の皆さんの御同意をいただいて行った修正議案は、その後、執行部の皆さんの御理解もいただき、今では小・中学校全ての学校で35人以下学級が実現をしました。議員、議会が動けば、まちが変わるというのを実感をした瞬間でございます。
 今後はどういう立場になっても、市政発展のために、また議会の皆様や執行部の皆様にお役に立てる人物として活動していくことをこの場でお約束を申し上げたいと思います。2期8年、大変お世話になりました。皆様と一緒に仕事ができたことを本当にうれしく思っています。どうもありがとうございました。

○議長(香月 隆一 君)
 佐々木允議員におかれましては、ますます健康に留意されまして、田川市市政発展のために御協力いただきますことを切にお願い申し上げます。
 以上をもちまして、平成26年第6回田川市議会12月定例会を閉会します。
 大変御苦労さまでした。

ーーーーーーーーーーーーーー

 今思い起こすと、議場で最後の挨拶をさせて頂く機会なんて、なかなかないと思いますし、その意味では、貴重な経験でした。また、市議会議員8年間の経験があったからこそ、県議会議員として、今、しっかり働くことができていると思っています。
 写真は、市議会の議場から。懐かしいです^^


カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ