本文の始まりです

田川地域 犯罪・交通事故が大幅減

2020年02月18日

今日は田川警察署で、警察署長と管内治安情勢について意見交換しました。2019年の1年間で発生した犯罪等は以下の通りです。
【交通事故・違反】
死亡事故 4  (-5)
重傷事故 21 (-3)
軽傷事故 713(-49)
飲酒運転 74 (+6)
無免許  67 (+5)
【刑法犯】
認知件数 705(-66)
 特に刑法犯認知件数は、最大だった2002年の3812件から81%も減少しており、最小を更新し続けています。
 また、昨年前半期に交通死亡事故が多発してことに伴い、街頭活動を強化することなどを目的に「命を守るっ隊」を発足させ、街頭活動を行った結果、その後の死亡事故はゼロ件となりました。
 通学路の安全対策では、前半期に声かけ・不審者等の発生があったことに伴い、下校時間帯に青パトと警察車両が重点的に巡回する「レッド・ブルー作戦」を実施し、その後下校時間帯の声かけ事案はゼロ件になりました。
 少年非行では、刑法犯検挙補導人員数が、昨年40件と、昨年の79件から半減しています。再犯率の極めて高い薬物犯罪を若年者にも知ってもらうために、「薬物ZEROプロジェクト田川」と銘打って、中学校・公庫に対する継続的な薬物乱用防止教室を実施するとともに、児童養護施設等にも新たに出向くなど、対策を強化しています。
 
 このように、田川地域の犯罪情勢は大きく改善しており、田川地域は、確実に治安の改善が進んでいることがよく分かりました。
 ただ残念ながら、飲酒運転、無免許運転、そして覚せい剤等薬物犯罪が人口比でも極めて多いというのが田川地域の特徴でもあります。今後はこれらについての対策を強化することも必要になります。


カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ