本文の始まりです

田川保健環境事務所で状況確認

2020年07月06日

一昨日から、田川郡内で新型コロナウイルス感染症患者が発生したことに伴い、状況確認などのため、所長と会合しました。

 その中で、現在公表できる範囲で、以下の通りのことがわかりました。

1.陽性患者3名については、現在入院をしており、完全に隔離している。昨日把握された2名(ご家族・濃厚接触者)については無症状。

2.そのうち子ども(学校か保育園かは言えません)については、休校・休園の措置が必要との判断。

3.今後接触者のPCR検査を順次実施していく。そのため保健所職員について応援職員も含めて万全の体制で対処する。

4.PCR検査の対象者は保健所から連絡が行くため、連絡のない方については、安心されていい。

5.PCR検査を実施した方については、陰性であっても2週間の自宅待機を要請している。

6.田川地域内で感染の可能性は低いのではないかと判断しているが、引き続き、地域の皆様には最大限の注意を払って生活して頂きたい。

 以上です。

 以下は私の意見です。

 田川地域、新型コロナウイルス感染症患者発生で、地域の中でもかなり不安の声を頂いています。週明け以降、改めて情報収集に努め、不安の解消に当たります。また、そもそも「田川郡」とだけの公表はむしろ不安と疑心暗鬼を助長させるだけではと感じています。

 田川郡だけで7町村もあり「自分の町なのか?」と不安に思う住民も多く多数の問い合わせがありました。県は個人の特定につながると言うことで、町村は郡までの公表としていますが、嘉穂郡・三潴郡・三井郡・八女郡は1自治体のみで、事実上の自治体公表になり、矛盾します。

 個人の特定やそれに伴う誹謗中傷は決してあってはならないものの、周囲の皆さんが的確に対応できるために、正確な情報を住民に伝えることは積極的であるべきです。このことがいらぬ噂や憶測、差別を減らすことにつながると私は思います。

 重ねて言いますが、本人の特定などは全くの無意味であり、新型コロナウイルス患者に「あの人はこういう人」など、誹謗中傷をするのは本当にあってはならないし許せません。だれもが感染するリスクのある病気です。皆さん、その点を踏まえた対応をお願いします。


カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ