本文の始まりです

県議会文教委員会視察

2019年11月21日

一昨日から、県議会文教委員会の視察のため、岩手県と宮城県に来ています。
 まず、岩手県花巻市にある私立花巻東高校へ。大谷翔平選手など、野球を中心に多くのアスリートを排出した高校です。
 元々は2つの私立高校だったのが、当時の花巻市長や市役所の働きで、1つの私立高校に合併し、校舎もその際、花巻市の財政支援で建てられています。
 その後、学校改革を行い、カリキュラムの変更を始め、哲学者・教育者である森信三(もりしんぞう)先生が提唱された、腰骨(こしぼね)をいつも立てて曲げないようにすることにより、自己の主体性の確立をはじめとした人間形成を実現する「立腰(りつよう)」を、授業のたびに行うなど、他にはない取り組みも行っています。
 また専願者が8割以上と高く、進学実績も上がってきているとのことでした。私学としての柔軟性をフルに生かした、特色のある高校でした。

 次に宮城県が設置者である公立大学法人宮城大学へ。事業構想学群、看護学群、食産業学群の3つの学群で構成され、学生数は1700人です。学群とは、学部よりは横断的に研究を行うために学部から新たに設けた制度です。
 事業構想学群では、経営や地方自治、地域デザインに関わる内容を、食産業学群では、農学に加え、食品加工などにつながる研究などを、看護学群は、看護師・保健師養成を、それぞれ行っています。
 また、近年の取り組みとして、主体的で実践的な学び方(アクティブ・ラーニング)に学生が取り組みやすい環境づくり,学びを深める空間として4つの「ラーニング・コモンズ」を整備しています。
 視察の際も多くの大学生が、ゼミや講義について、学生同士で学びあっている風景を見ることができました。ぜひ田川市にある福岡県立大学にも整備できれば、と感じました。

 






カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ