本文の始まりです

会派の管内視察

2020年10月28日

今日は、会派の管内視察。

●道の駅・みなみの里

●福岡木質バイオマス発電所

●福岡県農林業総合試験場

をそれぞれ視察しました。

 みなみの里は、産直品を多く取りそろえ、近年は黒豆を特産品にした六次化商品にも取り組んでいます。8億円近い売り上げを誇り、町長も、地域振興の核として力を入れておられました。またいちごの観光農園も併設し、観光拠点としての価値も高めようとしています。

 福岡木質バイオマス発電所は、福岡県初の地域木質バイオマス発電所で、毎年8万トン近い木材を使って発電をしています。気の香りがとてもよく、またエネルギーの地産地消として、大きな役割があると感じました。

 福岡県農林業総合試験場は、「あまおう」をはじめ、県内の新品種を数多く生み出した試験場です。この日は、九州北部豪雨災害後の田畑の環境整備の研究や、北原早生(温州みかん)のマルドリ(マルチドリップ式栽培法)の研究などの現場をみました。このように地道に頑張る県職員がいるからこそ、福岡県の農林水産業は発展します。






カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ