本文の始まりです

クリーンでまっとうな政治を、つむいでいく。

2019年01月14日

 前回選挙の時のチラシを見返していたら、選挙の前の最後のチラシの文章が出てきました。
 33歳の私は、最後に渾身の思いをしたため、多くの後援会の皆様の力を借りて、下の文章をしたためたチラシを、全戸配布しました。今、読み返しても、背筋がピンとなる文章です。
 「もう私たちは気づいているはずです。利権や自己の利益に執着した政治ではなく、クリーンでまっとうな政治をつむいでいくことの大切さを。」
 4年たっても、この言葉は、今の田川になお必要なフレーズになろうとしています。
 私は、これからも、クリーンでまっとうな政治を、皆さんと一緒に追いかけ続ける政治家でありたいと思っています。
 長文ですが、ぜひお読み下さい。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【どんな政治家も、皆さんの一票でしか生まれない。違いを知って、投票に行こう。】

 田川市の県議選は、かつて8割の方が投票していた時代もありましが、今では半数近くの方が棄権し、過去最低を記録しました。
 「選挙に行ってもなにも変わらない」。そう思いながら投票を棄権された方もいると思います。しかしそのたびに、特定の団体や偏った年齢層の人ばかりが有効票となります。そしてそこから選ばれた人は、その偏った票の代表として、多数の民意とは違う意志決定を行ってしまいます。
 今、田川地域は大きな曲がり角です。高齢化と人口減少、そして格差の拡大や失業率の増加など、福岡県内でも最も政治が解決すべき課題が多い地域になっています。その課題の解決を市民の代表として、限られた予算と制度、法律を駆使しながら提案するのが、我々政治家の役割です。
 もう私たちは気づいているはずです。利権や自己の利益に執着した政治ではなく、クリーンでまっとうな政治をつむいでいくことの大切さを。親世代の介護や子どもの成長に真正面から向き合い、政治を市民の手に取り戻すことの必要性を。
 ぜひ違いを見極めて、政策と思いを見比べて、投票所へ足を運んで下さい。

【県政に向けた政治姿勢】

1,何事にも真摯に向き合い、多様な意見を懐深く受け止める。
 田川には様々な思い、立場、思想、年代の方々が暮らしています。そのときに、たった1人しか選ばれない県議会議員が、特定の立場の人しか意見をきかないという状況では、課題山積の田川は決してよくなるはずがありません。どのような立場にも懐ふかく耳を傾ける、そういう政治姿勢を貫きます。

2,政策づくりのプロとして不断の努力を重ねる。
 政治家は皆さんの思いを政策という形に変える事が最も大切な仕事です。多様で複雑な課題を、現在の制度や法律、条例を最大限使い、政策提言していくには勉強と努力が必要です。大学・大学院で地方自治を研究した政策力を生かし、政策形成に向けた勉強と努力を惜しまない政治家としてがんばります。

3,日々の議員活動を発信し続ける。
 「議員は選挙の時だけ、あとはなにしてるかいっちょんわからん」というのが皆さんの率直な思いだと思います。市議時代に続けてきた「まこと通信」やインターネット、街頭演説などでの発信を、県議になっても変わらず続けると共に、皆さんとの対話を惜しまずに行っていきます。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ