本文の始まりです

参院選の後片付け

2007年07月30日

参院選が終わり、その片づけ久保田実生添田町議としました。私たちは

Dvc04_1

35_1

金岩秀郎さんと山内トクシンさんの選挙カーの片付けを担当。車の中の掃除や上の看板を機械で下ろしてもらったり、片付けるための倉庫の片づけをしたり、と1日がかりの仕事でした。

 

しかし毎回しっかり片付けて直しておけば、次の選挙のときでもしっかり使えます。そうすれば高額なスピーカーのレンタルなんかもしなくていいし、安価で済みます。

 

その後も私の支持者へ参院選の報告回りや、たまっていた仕事の片付けなどをしました。

 

話は変わり・・・

 

今回の参院選の感想とすれば、やはり自民・民主のはざまで埋没してしまっていたのは、選挙中でも肌で感じる実感でした。なるべく外に出て訴えたり、ビラ配りをしたりしたのですが、とどのつまり新聞やテレビには歯が立たない、というとことです。

 

よって当然でしょうが国政選挙における広報戦略は、これまで以上に重要になっているという認識を強く持つ必要があると思います。

 

その点で考えると、ビラやポスターの「センス」がどうだったのか、マスコミへ対応が適切だったのか、そしてそれについて党の執行部がどのような責任を果たしたのか、など、ちゃんとした総括が必要でしょう。

 

結果を分析し、問題を明示し、解決に向け議論をし、それを実行するというサイクルをしっかりしないと、今回の結果がなんの意味もなさなくなります。その蓄積を少しでもしていきましょう。

 

また私自身の反省としては田川市で社民党の得票を落としてしまったということです。私もやれることはやってきたつもりですが、市議会議員になってはじめての国政選挙で得票を落とす結果になり、とても責任を感じます。今後も私たち社民党市議団3名の活躍が、社民党の支持につながるよう、今後もがんばっていこうと思います。

 

しかし結果としては、与党の暴走はかなりストップをかけることができます。数の力でどうこうするのは簡単にできなくなった点では、とても意味のある結果になったと思います。

 

 

・・・と、こんなことを言うと、昔私の知り合いから「選挙をした者は選挙が終わるとすぐに選挙を客観視して、分析したがる。『やってよかった』とか『楽しかった』とかをなぜ言わないのか」という言葉を毎回思い出します。

 

悔しさは残りますが、やってよかったし楽しかったです(^^)こんな状況の中でも260万人の方々が社民党へ投票してくれました。次はその思いを我々が返す番です。

 

明日は田川地区清掃施設組合議会が行われます。日時等は以下の通りです。

 

日時:7月31日(火)

場所:田川市民会館講堂

議案:①平成18年度一般会計決算

②平成18年度田川市川崎町一般廃棄物処理管理運営特別会計決算

③平成18年度下田川一般廃棄物処理管理運営特別会計決算

④平成19年度下田川一般廃棄物処理施設管理運営特別会計補正予算

(全て諸般の報告)

 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ