本文の始まりです

総務文教委員会が行われました。

2007年08月21日

昨日は総務文教委員会が行われました。7月に人事異動が行われたのでその挨拶や事務報告などが行われました。

 

また船尾小学校統廃合反対に関する請願の審査も行われました。執行部はその請願に対する意見を添付したものを作っていましたが、どれも請願内容は現状では会わないという内容の添付書類でした。

 

これまでのべ7回PTAや地元区長に説明をしたということでしたが、述べでも161名で実数で言えばもっと少ない数しか参加されていないというのが現状です。また地域住民を対象とした説明会は「行う予定はない」ということでした。

 

これでは、今後の学校統廃合において、住民の合意形成の観点からもいろんなしこりがでてくることが予想されます。私としては委員会に参考人という形で地域住民を呼び、話を聞きたいと要望したのですが、それもかないませんでした。とても残念です。

 

学校統廃合は地域住民にとっては、地域の拠点、そして母校がなくなるというとても大きな問題であるのは確かです。だからこそ、地域の意見を尊重して、どういう形を進めていくのかをしない限り、子供ためにはならないと思います。

 

請願自体は継続審査ということになりました。

 

個人的には子ども自身に話を聞きたいと思っているんですよね。

  

その後は福岡で会議や会合を3件こなしました。忙しい毎日が続きます。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ