本文の始まりです

政策を磨く、先進事例になる。

2007年08月28日

今日は、一般質問の準備に追われました。発言するにはその何倍もの資料を準備する必要があります。地道な作業が続きます。

 

また午後からは社民党田川総支部首長・自治体議員団の研修会が行われました。田川総支部には、推薦首長2名、市議3名、町議4名の計10名がいます。福岡県内における地域間格差、特に筑豊3地域(直鞍地域・飯塚地域・田川地域)において田川地域だけが賃貸して言っている現状について、議論が行われました。

 

きっちり政策を言える議員や、先進的な取り組みを行っていこうという首長というものを社民党から見せていければ、また新しい流れが作れると思っています。

 

話は変わり・・・

 

田川市のHPのトップページが大きく変わりました。「コールマインフェスティバル」の宣伝バージョンになったような感じですね。全体的にはこれのほうが見やすい気もします。しかしトップページ以外は特段変わってはいません。

 

また先日報告した田川市職員の採用に関しても掲載されています。ぜひご覧下さい。

 

しかし市職員の理念としてのトップに「市民の視点で、市民と協働し、市民満足の向上を目指します 」と掲げていることは、とてもよい理念と思います。ぜひ「市民と協働」という言葉が具体化されるまちづくりを行ってほしいと思います。しかし前段の「市民感覚に輝く職員」というのは、言葉の意味としてどうなんでしょう?

 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ