本文の始まりです

衆院選福岡11区 野党協力固まる

2008年07月23日

7:00~8:00   山口はるな衆院予定候補の朝立ちに参加

 

8:30~9:40   「まこと通信」の最終打ち合わせ

 

10:00~11:00 田川市役所で政務調査&社会新報配り

 

11:00~17:00 仕事で宗像市へ。17時に田川着

 

18:00~18:30 行橋駅前で連合福岡京築・田川地域協議会主催の街頭演説行動に連合議員懇談会の会員として参加

Dvc00050

横にいらっしゃる方は、同じ連合議員懇の一人である常廣直行苅田町議会議員です。

 

19:30~  北九州市小倉へ。そこで30日から向かう社民党市議団の視察で使用する新幹線の格安チケットを購入。車の中で打ち合わせ数件

 

21:00~  自宅着。明日開催の田川地区清掃施設組合議会の予習&依頼をされている講演のレジュメ作成

 

で、現在23:25。このごろはけっこうこんな日が続きます。

 

話は変わり・・・

 

ようやく社民党・連合・民主党の協議がまとまりました。以下は引用です。

 

次期衆院選 民主、社民を推薦へ・・・福岡11区

 次期衆院選福岡11区の候補擁立を巡り、民主党県連は22日、社民党の山口はるな氏(32)の推薦を8月にも決める方針を明らかにした。連合福岡も近く推薦決定する見通し。

 民主党県連と連合福岡はこの日、福岡市内で、社民党県連合と協議し、確認した。

 今年3月、この3者は福岡11区で選挙協力することで基本合意していたが、推薦については、連合福岡の一部から「支持を拡大できるか疑問」との声が出るなどしたため、結論を先送りにしていた。しかし、「選挙がいつ行われてもおかしくない状況のなかで、これ以上時間を費やすべきではない」(民主党県連幹部)などと判断したという。

 協議後、民主党県連の助信良平幹事長は「県内11選挙区のうち、最低でも6人を小選挙区で勝利させることが目標。そのためにも、野党間の選挙協力は欠かせない」と語った。(読売新聞)

ー引用終了ー

 

ある方から「なぜ今月末ではなく8月なのか?」というご意見をいただきましたが、幹部の皆様のお考えがあってのことだと思います。

 

年明け冒頭解散もささやかれている中ですので、少しでも早く政権交代に向けた体制作りを野党が結束して作り上げなければいけません。我々も全力でがんばっていきたいと思っています。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ