本文の始まりです

「辺野古」という文字が入るかどうか

2010年05月26日

 私の所属政党である社民党が辺野古問題で注目されています。ことは安全保障に関わることですが、社民党は一貫して「沖縄県内、辺野古に米軍基地を作らせない」としており、もし「辺野古」という文字が何らかの形で公式文章に入った時点で、受け付けるわけにはいかないと言うべきです。

 

 ただもし仮に日米合意で辺野古と明記されて、今後工事等に着手した場合でも沖合埋め立ては沖縄県知事の許可が必要なのです。しかし現状では到底サインすることは不可能なのは明白です。その点で今回合意をしたとしても、完全にバーチャルな合意でしかなく、結局辺野古建設がかなわないとなった場合、また場所選定を行う必要があるのですから、時間的にも混乱を深める結果になるだけです。今回の合意がそういった危険性があるということも十分認識しなければなりません。

 

 民主党も「最低でも県外」と選挙で明言して衆院選に勝利したのですから、その約束はなんだったのか、と失望されるのは当然です。またせっかく手垢だらけになった「公約」という文字から政権を担う際の約束である「マニフェスト」という言葉ができ、政策選挙が作られつつある中、このようなブレによって「マニフェスト」という言葉自体も手垢がつき、信頼されないものになってしまいます。日本の民主主義においても大きな問題になります。

 

 ある方から「政治において最も悪いのはぶれること。」と言われたことがあります。私も自治体議員として今の姿勢からぶれることなく、政治活動を進めていこうと思います。

 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ