本文の始まりです

市民に応える議会に

2011年05月30日

 今日は議会運営委員会正副委員長会議を開催。議会基本条例に関わる様々な規定について協議しました。決めないといけない事がたくさんあります。

 

 先日の後藤寺のお祭りで参加者の方から

 

 「市議会議員に期待する事なんてない。」

 

 と言われました。

 

 「選挙のときだけ現れる、オリンピック選手のようだ」

 

 とも。

 

 それが多くの市民の思いであるのは、私も重々感じています。

 

 二元代表制の一方の機関、と胸を張りながら首長部局に対抗できるはずもない状況は、我々議員に責任あります。政策を磨く、市民とつながる、批判を真摯に受け常に進化し続ける。政治家にとって当たり前のことが、4年に1度の選挙がそれら全てを免罪符にしているかのごとき行動は全国津々浦々の地方議員に見られます。それに市民は冷笑し、失望してきていることを、自戒を込め今こそ受け止めなきゃいかんと思っているのです。

 

 この失望は田川市議選の投票率にもあわれています。

 

 03年:79.02% → 07年:73.69% → 11年:72.09%

 

 この8年で約7%も投票率が下がっています。地域によっては投票率が68%程度の地域もあるぐらいです。(ちなみに一番高い投票率は私の地元の投票区で約77%でした)。

   

 議会基本条例の具体的運用は議会運営委員会に託されています。そして私が議会運営委員長として委員会の舵取りを担う事になりました。せっかくの機会を頂いたのですから、議会改革が進むようにしっかり勉強していこうと思っています。

 

 

 

 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ