本文の始まりです

虹とみどり自治体議員政策情報センター全国政策研究会2日目

2012年08月26日

 今日も虹とみどり自治体議員政策情報センター主催の全国政策研究会に参加。今日は議会改革に関して、私が発表させていただきました。

 

 議会改革はすぐには成就しないものの、それでもなお議会基本条例は必要だというのが私の思いです。

 

 よく議員の方から「議会基本条例つくらんでも、議会改革できる」と言われます。確かにそうです。わざわざ議会基本条例に規定しなくても、地方自治法に参考人や公聴人制度はありますし、反問権もしてはいけないという規定は全くありません。議会報告会も勝手にやってもいいんです。

  

 しかしなぜ今までしなかったのでしょう。それは書いていないからなんです。そう、やはり議員や議会は書かないとやらないということなんだと思います。事実ほとんどの議会改革は議会基本条例によって一気に進んでいます。

  

 実はこのことは、埼玉県所沢市に行った際に、そこの市議会議員の方に教えていただいたことです。その後、「書かないとやらない!」と言うのが合い言葉となり、条文の整理が一気に進んだのを覚えています。

  

 また田川市議会で行った増額修正の経過などもお話ししました。

 

 夕方からは弓削田校区のゆうべの集いに参加。

  

 台風からの風なのか、結構風が強かったですが、すがすがしい中での会でよかったと思います^^

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ