本文の始まりです

地域包括ケア

2012年10月23日

 今日は大分市まで社会福祉施設の見学。小規模多機能居宅介護事業所である「びわのす」という施設を見学させて頂きました。20121023_145746
 木造のあたたかい雰囲気で、とてもこだわった設計となっていました。

 小規模多機能は、24時間365日開所し、登録定員25名で、いつもは自宅にいらっしゃる利用者に、日中のデイ、お泊まりサービス、そして施設職員がホームヘルパーとして自宅をするなど、様々事が柔軟に対応できる施設として、今とても注目されています。利用者にとってはかなり使い勝手の良い、利用者本位の施設運営が可能です。

 特に国は地域包括ケアシステムという新しい方針の中で、施設介護から在宅介護重視の政策を打ち出しています。その中で、24時間定期巡回随時対応型訪問介護看護の導入やこの小規模多機能施設、または高齢者住宅の充実を大きな柱の一つとしてあげています。

 高齢化社会が大きく進展する中で、なるべくずっと自分の住み続けた住まいで過ごしたいと願う方は多いと思います。このような小規模多機能や在宅福祉部門が充実し、在宅で過ごすことを願う高齢者を地域やシステムで支える仕組みづくりと体制が求められます。

 また日曜には地域包括ケアに関する勉強会が春日市のクローバープラザで開催されており、それにも参加しました。
20121021_141540_3
 私自身もしっかり勉強しながら、地域包括ケアについて考えていきたいと思っています。



カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ