本文の始まりです

たにせ綾子惜敗

2012年12月16日

 総選挙が終わりました。応援した谷瀬綾子は、非常に厳しい結果となりました。しかし短期間にもかかわらず、応援していただいた皆様には感謝の思いでいっぱいです(お礼そのものは法律上言えないことになっていますので、申し訳ございません)。

 しかし、自民党政権となり、今後原発の再稼働を始め、教育関連の制度改正や労働者にとって厳しい政策がでることが予想されます。外交問題でも特に中国との関係は厳しくなるのは必至です。そしてなによりも憲法9条の改正が現実的なものになっていきます。

 本来的には、よりリベラル、より保守の大きな政党が100議席未満で移動しながら政権交代をするのが理想だと私は思っていますが、今回の結果でもわかるように、いくら強大かつ強固な地盤を持とうが、すばらしい経験と実績を持とうが、風によっていとも簡単に崩れさる状況を考えると、今後の政治の安定や、優秀な方々の立候補が見込めなくなるなど、弊害も多いように思います。その点では小選挙区制度の在り方は早急に見直す必要があると感じます。

 また私自身、経営側にいる人間でもあるので、なおのこと思うのは、政治は労働者に寄り添うべきだということです。労働組合が全労働者の多数派になっていない状況がかなり前から続いている今日にあっては、労働者の立場は経営者にくらべ非常に低い状況にあると断言できます。だからこそ、労働者の権利擁護などは法律がしっかり整備し、最低賃金の引き上げや労働法制の改悪の防止に努め、労働者の切り捨てがないようにしなければと思います。

 やはり、経営者側は法律的に問題ないから「切り捨てる」ことが可能なのです。その点維新の会は「最低賃金の廃止」までをも言っているのですから、非常に怖いと感じます。

 私は、私で、しっかり田川地域の持続可能な発展をつくっていくために、引き続き頑張っていこうと思います。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ