本文の始まりです

山本作兵衛作品考えるシンポ、2月9日に開催

2013年01月20日

 2月9日に東京の国立博物館で、山本作兵衛氏炭鉱記録画に関するシンポジウムが行われることになりました。以下は引用です。

山本作兵衛作品考えるシンポ、2月9日に開催

 福岡県筑豊地方で活動した炭坑絵師・山本作兵衛の作品が世界記憶遺産に登録されたことを受け、作品の意義を考えるシンポジウム(福岡県田川市世界記憶遺産活用活性化推進委員会など主催、読売新聞社など共催)が2月9日、東京・上野の東京国立博物館で開かれる。

 3月16日~5月6日には未登録の原画などの特別展(読売新聞社など主催)が東京タワーで行われる。田川市の伊藤信勝市長が16日、発表した。

 シンポでは、青柳正規・国立西洋美術館長が基調講演し、有馬学・九州大名誉教授が作品の魅力を語る。定員390人。参加は無料だが、事前申し込みが必要。締め切りは今月23日。特別展では、未登録原画約60点や遺品などを公開する。大人1200円、小中高生600円。問い合わせは、読売新聞東京本社事業開発部(03・5159・5886)へ。
(引用終了)


 時間があればぜひ行きたいのですが、私はどうしても行く事叶いません。興味のある関東地方の方はぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ