本文の始まりです

都道府県議会主催新人議員研修会

2015年08月20日

 今日は都道府県議長会主催の新任議員研修会で東京へ。
 講師は、大森彌東京大学名誉教授でした。

 

 「政策立案に関わらない議会に住民が注目するはずがない」
 

 「議会がしっかりしてないところはたいてい議会事務局がだめになる。議会事務局を生き生きさせる議会活動をすべき」
 

 「住民が新人を選ぶ理由は議会や政治に新しい風を吹かせてほしいと願って選ばれたはずだ。それにあなた達は4年間応えられるか」
 

 「通年議会、議会報告会なんて当たり前である。」
 

 「チーム議会として、政策の意志統一をはかっているか」

 

 先生の言葉はどれもグサリと来る、しかも課題のど真ん中の話ばかりでした。
 2枚目の写真は、10代の大学生の時から知り合いの稲森としなお三重県議会議員。私と同じく市議を6年されて、今年4月の三重県議選に初当選しています。

 



カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ