本文の始まりです

田川市公共下水道計画、白紙に

2014年04月28日

 今日は、田川市議会臨時議会が開催されました。これは当初予算が否決されたことに伴うもので、今回は6月定例会に提出予定の各種予算案も一緒に上程されていました(それもどうかなあ、と思いますが)。

 その中で、田川市の公共下水道構想と全体計画を白紙にし、新たに構想と全体計画を作り直すための予算案が提出されていました。執行部は国土交通省など3省合同で出された「持続的な汚水処理システム構築に 向けた都道府県構想の見直し」に連動して、と述べています。しかし同見直しについてはかなり以前からその期間が決まっていたものです。

 また同見直しに伴うものであれば、この策定の基本的方針等と連動した取り組みが必要です。その点などはまた勉強していきたいと思っています。

 いずれにせよ、構想からやり直す、と言うことは、これまで進めてきた公共下水道計画をいったん白紙にする、ということになります。3月議会での私の一般質問との連動は定かではありませんが、いずれにせよ、明らかにずさんな全体計画と構想が白紙になったことは、大きな前進です。

 しかし何らかの形で水処理はしないといけないと思っています。その手法についても踏み込んで、色々勉強していきたいと思っています。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ