本文の始まりです

議事録から見える県議会の歴史

2016年03月18日

 福岡県は過去に知事選において革新(社会党や共産党など)と保守(自民党など)との激しい選挙が繰り広げられた地域です。
 そしてその時に県議会でどのような議論がされたのか、時々見ています。
 写真は1983年(昭和53年)6月定例会の議事録。保守系の亀井光知事から革新系の奥田八二知事に変わって最初の議会代表質問になります。
 議事録は傍線が引かれているのみで、途中「聴取不能」とも書かれています。これは議事録削除を行ったのだろうと思いますが、当時の激しい議会論議が垣間見えます。
 また、議事を見ていると賛成者が起立した後に、反対者が起立もしています。このような採決方法は初めて見ました。
 温故知新という言葉があるように、現在の制度や行政の動きの成り立ちをしっかり学び、その上でなにができるのか、しっかり考えて動いていこうと思います。



カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ