本文の始まりです

タイ王国福岡総領事館設置 閣議決定!

2018年01月16日

 本日、タイ王国政府が総領事館を福岡県に設置することを閣議決定しました。
 総領事館設置については、これまで福岡県議会タイ友好議員連盟(会長は我が会派の吉村敏男県議)や県議会においては超党派の議員が一丸となって取り組みを行い、バンコク都議会のメンバーや関係者など、様々な外交ルートを使い、設置要望を繰り返し要望してきました。
 また小川知事もタイ王国外相や副首相などと面会し、福岡県への総領事館設置の要望を行ってきました。
 これらの成果によって、今回の閣議決定に結びつきました。国とは違う自治体外交の大きな成果です。
 現在福岡県とバンコク都、福岡県議会とバンコク都議会はそれぞれ友好提携を締結しています。福岡空港には直行便が就航し、交流もさかんに行われています。
 総領事館設置で、両地域の関係はますます強固なものになっていくのは間違いありません。

 この動きでは、タイ・バンコク都議会のメンバーの皆様(多くが元政府要人)のご奮闘も大きな力でした。国や言語に壁があっても、信頼と真心でしっかり向き合えば、通じ合うものだということを、私も勉強させて頂きました。

 今後も、両地域の経済連携、相互交流がますます進むよう、しっかり取り組みます。

 写真は、タイ王国ドーン外相と会談する県議会メンバーです。

 また、以下県知事のコメントを掲載します。

【福岡県へのタイ王国総領事館設置決定について】
(福岡県知事コメント)

本日、タイ王国政府は、同国総領事館を福岡県に設置することを閣議決定しました。

福岡県では、2015年6月、タイ王国外務省に働きかけを行ったことを契機に、以来、県議会の皆様とともに、同国政府要人の方々に対して、さまざまなルートを通じて働きかけを行ってまいりました。それだけに、今回の決定は本当に嬉しく、県議会、県民の皆様とともに、喜びを分かち合いたいと思います。これまで御支援、御尽力いただいた全ての関係者の皆様に心から感謝を申し上げます。

福岡県は、2006年、バンコク都と友好提携を締結し、青少年、環境、文化、高齢者福祉など、幅広い分野において相互交流を活発に行ってきました。

また、近年、タイ王国からはたくさんの旅行者が本県を訪れ、福岡県からは同国へ進出する企業が着実に増えています。昨年は、同国政府が力を入れている東部経済回廊(EEC)ミッションに、都道府県の中で最大規模となる39社の県内企業が参加するなど、両地域の交流は、年々活発化し、人的・経済的つながりは密なものとなっています。

今回のタイ王国総領事館の設置決定を弾みとして、福岡県とタイ王国との交流を今後より一層、深めてまいります。


カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ