本文の始まりです

「住・ひと・しごと創生調査特別委員会」視察

2016年08月18日

 昨日から、県議会「住・ひと・しごと創生調査特別委員会」の視察で北海道へ。まずは、函館市国際水産・海洋総合研究センターを視察しました。
 これは函館市が平成15年から、市を海洋都市として位置付け、調査研究や産官学連携を進めるために新たな構想を打ち立て、その拠点施設としてつくられました。総工費は45億円で、うち42億円が合併特例債(平成の大合併を促進するためにつくられた債権で、国が債権の約7割を負担してくれます)でまかなわれています。
 施設には民間企業や大学が入居しており、実験施設は共同で使用しています。
 産官学連携はかけ声はいいものの、なかなか実効性のあるものになってない場合も多いのですが、ここでは商品開発や研究などで密接な連携ができているようでした。北海道の素晴らしい海洋資産を地域振興につなげる拠点として、今後も注目されることは間違いありません。
 また北海道庁渡島振興局で、北海道新幹線開業後の振興策についてもレクチャーを受けました。開業後、様々なイベントの開催などを通して、観光誘致に市町村と連携した取り組みを行っていました。



カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ