本文の始まりです

議員特権をなくそう!キャンペーンに賛同しています。

2006年11月26日

今日は朝から神社掃除に参加。

て、お酒が残っていて少し頭が痛かったです・・・。昨日のブログなんてなんて書いたか覚えていなくてブログを読みながら「よく書いたなあ」と思ったぐらいですから(^^;

その後、後援会役員とあいさつ回り。

午後からも一人であいさつ回り。一人で地図を見ながら車であちこち行きました。

 

話はかわり・・・

 

私は今回の統一自治体選挙でキャンペーンをしている「なくそう!議員特権 つながろう!みどり・共生・平和の市民派議員 キャンペーン2007」に賛同しています。

具体的なところはHPを見ていただきたいのですが、まずは議員特権をなくすこと、そしてキャンペーンが示している50の政策について賛同できる部分は賛同をし、それを市民に示すことを目的にしています。

ちなみに私はこのキャンペーンの呼びかけ団体である「虹と緑の500人リスト」の市民会員でもあります。学生時代から会員になっています。

この団体は、近年から「みどりの会議」やその継承組織である「みどりのテーブル」への傾斜していますが、政策や行動の中身は社民主義そのものです。

・・・ということは、我々社民党にこそ問題があるということなんですよねえ。。。

だって、社民党が虹と緑の人々を受け入れる度量のある、または虹と緑の人達が一緒にやりたいと思う政党なら、「みどりのテーブル」などつくらず、一緒にやれるはずなんです。

虹と緑に参加して以来、このことはいつも考えていました。どうにかならないものなのか、と。数少ない虹と緑内の社民派としてがんばるしかありません。

 

それはそうと、今回のキャンペーンに関しては、私たち予定候補者や議員にとって、緩やかな連帯が政策というなかでできるのはとても良いことと思います。

特に今回のキャンペーンの政策のほとんどは我々社民党が訴えていることに近いものばかりです。今とても大きな問題である憲法問題でも、多くの議員・予定候補者が賛同していると言うことは、憲法を守り生かす運動にもリンクすることもできます。

・・・、とはいっても、私が挑戦する「田川市議会」に、議員特権というものはあるんかな?て感じです。

都市部では月手取りで60万円ぐらいの歳費に加え、月30万円の政務調査費を出している自治体もあり、そんなところではいろんな特権があるのでしょうが、こと我が市では、なかなか見つけることが困難です。

今回のキャンペーンは、特にお金や表彰など「物・お金」に関する議員特権が多く取り上げられていますが、やはり地方都市ではいわゆる圧力や口利きなど、不当な権力行使に基づく議員特権(しっくりはこないですが・・・)のほうが、現実的な問題です。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ