本文の始まりです

上間泰治講演会&清掃組合監査&育英資金委員会

2010年04月28日

今日はまず市役所で職員研修会に参加。

 

講師は

Cimg8823

浦添市の上間泰治情報政策課長です。

 

この方は市役所の情報関連の施策について先進的な取り組みを行っている方で、私も昨年7月15日に福岡市で行われた講演会に参加させて頂きました(このときは田川市の情報担当者も来ていました)。市職員は管理職を中心に50名程度参加していたと思います。私もこのような機会はめったいにないので、参加させて頂きました。

 

上間さんからは、市役所のパソコンなどIT関連の施策におけるベンダーの問題、または国などとの折衝の事例などかなり専門的な話が中心となりました。しかしこのIT関連を政策部門としっかりリンクさせることが重要であること、IT革新そのものを目的とせず、それによって住民がどのように恩恵があるのかも考えるべき、などもおっしゃっていました。

 

質問では私が

 

「5万人規模の田川市の場合、どれぐらいの人員配置が必要か」

 

と質問。

 

上間さんからは

 

「せめて5人、そして情報関連専門の課長級を一人ぐらいはいるのでは」

 

との発言がありました。田川市では2倍以上人員配置をする必要があります。

 

その後は田川地区清掃施設組合例月出納検査へ。

 

行政監査結果報告に関する回答書への対応は引き続き行っており、何点か新たな問題点も指摘しました。監査委員という立場で解決すべきは監査委員として、政治として解決すべきは清掃施設組合議員として、しっかり取り組んでまいります。

 

午後は田川市育英資金委員会へ。田川市が独自に行っている育英資金制度について、今回は応募者の選考を行いました。今回は応募者全員が選考に合格しました。

 

またこの制度的な改革の必要性も議論されました。具体的には奨学金開始をもっと早めること、支度金制度の創設、広報の充実などです。

 

個人的には選考基準はしっかり示しつつも、もらうときは利便性の良いものにしなければならないと思っています。

 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ