本文の始まりです

市長マニフェスト討論会、市民グループ厳しい評価

2010年10月23日

 昨日は田川市長のマニフェスト検証大会が福岡県立大学講堂で行われました。会場には約100名の方が参加、検証では市長による検証や市民グループの検証、我々市議会議員の検証などが印刷され配布されました。

Dscf3224

 市長の検証が極めて点数が高かったのに対し、市民グループの検証ではかなり厳しい評価になっていたのが印象的でした。我々市議会議員にいたってはもっと厳しい評価を付けており、私もほとんどで5点満点中2点台の評価を付けました。

 

 また高校生による「もっと大好きな田川にしたい」と題した発表も行われました。ごみのポイ捨ての多さ、対外的なイメージ、公共交通の問題などとても的確にとらえ、提言していました。もう高校生ならガンガンまちづくりについて一緒に語り合えるな、と思いましたね。なにか機会つくれないかな・・・。

 

 市長選においてマニフェスト討論会をするならマニフェストが本当に実行されたのか否かを検証大会で見極める必要があるのですが、全国的には検証大会そのものを行っていない地域もあります。その中にあって、市民グループの検証や高校生からの提言などいろんな仕組みを駆使した田川青年会議所の取り組みは大いに評価されるものです。本当にお疲れ様でした。

 

 ただ、コーディネート点では、市長が独演会(しかもどうなんだ、と思うような点も多々あり)になってしまった点が多く、その点を的確に突っ込めていないのは運営として考えたほうがよいと感じます。できればファシリテーションをプロとして行っている外部の方をコーディネーターにするのも一例です。 

 

 また市議会議員の評価については今回の会では全く触れられることはありませんでした。全く意味がないとは言いませんが、これでは市議会議員はなんのために評価したのか、と思ってしまいました。この評価方式はかなり詳細に書く必要もあり、市議にとっても大きな負担でもあります。その点は説明責任があると思います。

 

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ