本文の始まりです

尼崎市長選で30代女性市長誕生

2010年11月21日

 今日は、支持者宅訪問や「まこと通信」の配布作業を行いました。また今年3月にインターンに来てくれた酒井五月ちゃんも配布の手伝いをしてくれました。大変遅くなりましたがやっと配布が全て完了しました。

 

 話は変わり・・・

 

 今日行われた兵庫県尼崎市長選で、前県議の稲村和美さん(38)が他3候補を大きく引き離し初当選しました。前市長の白井文さんも女性市長で、その後継指名を受けての立候補でした。

 

 稲村さんは、私も京都で大学生活をしている時に大変お世話になった方です。特に私のインターン受け入れ議員である桂睦子茨木市議が茨木市長選に立候補した際、私が選対事務局長を担当していたのですが、稲村さんは白井選挙での選対事務局経験を生かして、様々なサポートをして頂きました。ちなみに桂さんも尼崎市長選で応援に行ってました。

 

 桂さんも稲村さんも共通していたのは「市民派議員」というキャッチフレーズで活動していたこと。市民の目線、生活者の視点で、と訴え、議会では妥協せず取り組んでいた姿は大学生の私にとってもとても新鮮にうつりました。今思うと、私の政治的な立ち位置を決める原点だといっても過言ではありません。

 

 今回の選挙は民主・自民・公明が自主投票の中行われ、投票率も29.35%と極めて低い投票率でした。その点は非常に残念ですが、政党や大きな団体に頼らず、手弁当の選挙で45万人都市の市長に押し上げるパワーはすばらしい、の一言です。その息吹をぜひ福岡・田川にも持っていきたい、と強く思いました。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ