本文の始まりです

田川市公共下水道全体計画概要固まる

2012年06月28日

 先の建設経済委員会で、田川市公共下水道計画全体計画概要書が発表されました。

 

 計画目標は2040年、計画区域は田川市中心部の1075haになります。2040年の推計人口は33400人、その中で計画処理人口は20100人となっています。

 

 終末処理場は、田川中学校と田川科学技術高校に隣接する旧日通工跡地の26900㎡。処理方式は膜分離活性汚泥法というものです。

 

 これで今後の下水道計画の骨子が見えたことになります。

 

 ただ、今回の計画区域に入っていない地域、例えば猪位金地域など周辺部はこれまでと同様浄化槽設置方式が継続します。しかし、その設置費用は、下水道の引き込み負担金等に比べつかんでいませんが数十万円を超える価格差だと思います。

 

 市内でこれだけの格差となるのは公平性の観点からも望ましいとは言えません。今後その点をどのようにしていくのかも、周辺部選出議員として注視していきたいと思います。

カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ