本文の始まりです

熊本まで無事物資を届けました

2016年04月17日

 熊本県合志市に到着。高速道路は南関インター以降は大渋滞でしたので、下道で向かいました。
 合志市役所では市長、副市長を始め、来海さんなどとお会いして色々お話することができました。
 水道水は出るものの、余震の影響で地下水が茶色に濁り、飲料水がなく苦労してるとのことでした。なので、飲料水はかなり喜ばれました。実際、市役所前で行われている給水は1人4リットルまでとされていました。
 市役所職員は不眠不休で働いており、市議会議員も避難所の当番などを輪番で行っていました。
 来海さんと市内を回った際、まず余震がひどいために多くの方が車中泊か避難所に来ていました。ただ体育館だと床がかたいために問題になったり、疲れのためかピリピリとした雰囲気で、私が作業着を着てるためか、私にもたくさんの要望を言ってこられ、来海さんと対応しました。
 来海さんは、知人の高齢者夫婦の自宅をまわり、水や食料を届けていました。ここで感じたのは
 「避難所さえ行けない高齢者がたくさんいるのでは」
 と言うことです。来海さん自身、そういう方に水や食料を配って回ってるそうですが、要援護者支援の対応はかなり深刻な状況のように感じます。要援護者支援のために食事の配布などのボランティアが必要のように感じました。
 市内であいてるスーパーでは、カップラーメンや加工品、肉などは全くない状況でした。とりあえず、これまではカップラーメンなどで乗り切れたかもしれませんが、やはり温かい食事の確保などは今後問題になると思います。
 福岡県内もペットボトルの水などがかなり品薄になってるようです。
 とりあえずは、やるべきことは終わりました。今から帰ろうと思います。




カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ