本文の始まりです

小林節講演会

2016年04月29日

 今日はイベントday。
 連合福岡京築田川地域協議会のメーデーに来賓参加。格差拡大と労働者のための政治を進めるためにこれからもがんばります。
 その後は田川市で行われている沖縄フェスタへ。4回目となる今回は石炭記念公園で行われ、多くの人で賑わっていました。私も経営に関わっている「暖家の丘」の訪問看護ステーションが健康チェックも行っていました。
 次は宗像市へ。小林節慶応大学名誉教授の講演会に行きました。「戦争法」の問題を憲法学の観点からわかりやすく述べられていました。
 小林先生は「憲法は国民が政治家を縛り、政治家はそれを守るものであるはず。そして憲法9条2項は軍隊は持たず、交戦権も禁止されている。このことをもってすれば戦争法は憲法違反ではあるのは明確である」と基本的な考えを述べられた上で、「日本は国連第2位のスポンサーなのに戦争は一切しない、お金払いもいい、このような立場の大国はない。紛争などに間に入って仲裁する、など平和的な国際貢献ができる国である誇りを大切にすべき。憲法を守らない安倍政権を追い出すことを今こそしなくてはならない」と訴えていました。
 改めて、政治家としての立ち位置を考えさせられる講演でした。これからも平和憲法を護る政治家としてがんばっていきます。



カテゴリー

月刊アーカイブ

  • ご連絡