本文の始まりです

2018年最後の日に

2018年12月31日

 今日も、地域の年越しそばのふるまいなどに参加し、その後は、最後の挨拶回りなどをしました。

 今年も1年、皆様には、多くのご支援とご協力を頂きました。感謝の気持ちでいっぱいです。

 県議会議員としてまもなく任期満了を迎えます。1期4年、激動の日々でしたが、県議会や県政での働きによって、田川市の未来も大きく変わることを実感しています。

 とりわけ、田川市長や市役所とは、連携を密にしてきました。浄化槽整備や水道広域化、パラリンピックキャンプ地誘致などにおいて、県の支援を引き続き求めていきたいと思っています。

 また、今年は、2年連続発生した大雨豪雨(西日本豪雨)によって、福岡県内でも甚大な被害が発生しました。災害発生を抑制するインフラ整備の必要性を改めて感じた1年でもありました。

 今年も、すべての議会で一般質問を行いました。特に12月議会では、初めての代表質問に臨み、地元田川市からも、多くの後援会関係者が傍聴に来てくださいました。

 

2018年2月議会

一、子どもの健康診断及び予防施策について
一、田川地区における県立高校のあり方について

2018年6月議会

一、再生可能エネルギーの普及促進について
一、部活動のあり方について

2018年9月議会

一、障がい者スポーツ振興に向けたパラリンピックのキャンプ地誘致について
一、建設労働者の待遇改善に向けた諸施策について

2018年12月会議(代表質問)

一、県政推進の基本姿勢について
 1.本県の観光振興と宿泊税の導入
 2.県立3大学の振興
 3.女子高生による接客などを売りにする営業形態の規制強化
一、企画・地域振興行政について
 1.民間委託に伴う福岡空港の諸問題
一、保健医療介護行政について
 1.がん対策の推進
一、環境行政について
 1.建設アスベスト対策の強化
一、福祉労働行政について
 1.労働者の待遇改善と最低賃金引き上げ
一、県土整備行政について
 1.田川地域のインフラ整備
一、教育行政について
 1.県立高校における課外授業のあり方

 

 これ以外にも、会派の代表質問作りなどを行う、政策審議会事務局長として、執行部との折衝や意見書づくり、各会派との調整など、議会活動も行ってきました。1期目の議員としては、極めて異例の就任でしたが、なんとかやり遂げることができましたし、私自身、とても様々な点で、鍛えていただいた、と感謝しております。

 

 いよいよ、私も来年は2期目の県議会議員選挙に臨む立場となります。11月11日には、「選対本部事務所開き」を開催、1000名の皆様にお集まりいただき、ありがたいスタートを切ることができました。この1年、複数の後援会組織が新たに発足し、選挙対策本部も立ち上がり、毎日、多くの方が事務所に足を運んでいただけるようにもなりました。

 田川地域の政治の歴史を振り返ってみると、汚職事件などで町村長や議員が逮捕されてきました。「清潔な政治」「政策力のある議員」、このことが田川地域の政治には、最も問われていると思います。

 「県政を託せる、確かな力」。2期目のスローガンで、これを掲げさせていただきました。 田川市で県議会議員を託せるのは、佐々木允しかいない、と多くの方に言っていただけるよう、地域を歩き、皆様との連携をしっかり進めていきたいと思います。

 事務所運営も、秘書やスタッフのおかげで、順調に進んでいます。多くのお支えと期待に応え、必ずや圧倒的な勝利を勝ち取れるよう、頑張っていきたいと思います。

 

 さて、私は、毎年「来年の私に一言」を書いています。ちなみにこの書き込みはかれこれ12年間続けています。

 ○ 2017年12月31日 2017年最後の日に

 ○ 2016年12月31日 2016年最後の日に

 ○ 2015年12月31日 2015年最後の日に

 ○ 2014年12月31日 2014年最後の日に

  2013年12月31日 2013年最後の日に

 ○ 2012年12月31日 2012年最後の日に

 ○ 2011年12月31日 2011年最後の日に

 ○ 2010年12月31日 2010年最後の日に

 ○ 2009年12月31日 2009年最後の日に

 ○ 2008年12月31日 2008年最後の日に

 ○ 2007年12月31日 07年最後の日に

 ○ 2006年12月31日 2006年最後の日に

 

昨年は次のように書きました。

「県議として4年目、いよいよ2019年は2期目の選挙だね。多くの皆様の期待にこたえる活動をやりとげたかね?選挙態勢はぬかりなく取り組めているかい?県議会では引き続き一般質問や政策づくりはしっかり行った?市民は、あなたのなにに期待し、支持しているのか、田川の未来をどのように変えるのか、しっかり向き合い、発信しないといけないよ。そして、2期目当選に向け、ラストスパートがんばろう!」

 

 多くの皆様の期待に応える活動は、なんとかできたと思っています。選挙態勢も、皆様のおかげで着々とできています。一般質問そして政策審議会も失敗も多くありましたが、これもなんとか。田川市の明日、まだまだ十分に指し示せていないことは申し訳ないのですが、粉骨砕身、がんばっていきたいと思います。

 

 それでは、来年の私に一言

 県議選、多くの皆さんのご支援をいただき、当選することはできましたか?そして、しっかり県議会議員として2期目の仕事は、こなせていますか?政治家としてはまだまだ若いあなたに、多くの皆さんは田川の未来を変え、県政を託そう、と一票を投じてくれました。その気持ちを心に是非刻み込んで、手を抜かず、がんばって。

 今の私は、選挙を前に、緊張と不安でいっぱいですが、多くの支援者のおかげで、堂々と活動することができています。

 田川の政治は、県内でもとても難しい地域だと言われている。でも、あなたの立ち位置、あなたの姿勢が、きっと、田川にとってこれからもっと必要になってきます。ぜひ、2期目は重ねてきた12年の年輪を大いに生かし、市政に、市民に役に立つ、県政をよりよくする政治家として、1期目とは全然違った活躍を果たしてください。

 改めて言うけど、手を抜いちゃいかんよ!


カテゴリー

月刊アーカイブ

福岡県議会議員
佐々木まこと事務所

〒825-0002 福岡県田川市大字伊田4510-6
→アクセス

TEL 0947-85-9015

[受付] 9:00〜17:00 月〜金(日・祝日休)

FAX 0947-85-9007

[受付] 24時間・365日OK

メールでのお問い合わせ